FC2ブログ

我が心の宇宙戦艦ヤマト

2007年7月7日未明…
徹夜で作業をしていたのだが、どうにも捗らない。
スランプの真っ只中といった心境だ。

織姫と彦星の伝説の舞台となった天の川は
残念ながら、この時間は あいにくの空模様で仰ぎ見ることが出来ない。
今宵、果たして 二人は 逢えるのだろうか?

暫し、そんな星の物語に思いを耽らせる。

そうしているうちに あの雄大な曲を聴いてみたくなった。

宇宙戦艦ヤマトだ。


今から30年前の1977年… 僕が中学二年の夏、
宇宙戦艦ヤマトは 全国の少年少女の熱い支持を得て劇場公開され大ヒットした。
僕の心の中も ヤマト一色になりつつあり、
教室の中でも 連日「ヤマト!ヤマト!!」で大騒ぎだった。

宇宙戦艦ヤマト21世紀刊行書籍




宇宙戦艦ヤマトよ永遠なれ!

発進後30年余を経過した21世紀
ヤマト関連の書籍は 今もなお
多数刊行されている。








その後、ニッポン放送オールナイトニッポンでラジオドラマ化されたヤマトは
それまで以上の感動を与えてくれた。
ストーリー性だけでも満足のいく作品であったヤマトは、
映像がなくても その素晴らしい音楽と共に心に響いた。

「天国にいる お父さん お母さん…もう一度 話し相手になってください…」
主人公 古代 進が綴った日記で物語が始まる音響だけのヤマト。

それまでヤマトという作品のみに目を向けていたのが、
次第に それに関わる全ての人やモノに興味を持つようになっていた。

「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」の劇場公開の決まった中学三年の時、
オリジナルストーリーを加えた脚本を自ら書き上げ、
有志を集い、[僕らのヤマト]の制作に取り掛かったのである。
音響技術も無いし、設備も現代のように安易には手にならない時代だった。

残念ながら このドラマを収録したテープは所在不明である。
当時の仲間に訊いても、なんと一本も残っていないという。
長い年月の中で失ってしまったものは仕方ない。
ただ、あのドラマを制作していた時の 熱い情熱だけは 失うことなく
永遠に僕達の心に刻んでおこうと誓い合った。


宇宙戦艦ヤマトのシリーズ作品一つ一つの詳細については
多くのサイトが存在し 紹介しているので、今あえて僕が語るまでもないが…

地球を救う使命を帯びてイスカンダルへ旅立った[宇宙戦艦ヤマト]からは
夢と希望を与えられ、「愛」そのものの尊さを初めて感じとった。
白色彗星に敢然と立ち向かった[さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち]
その「愛」を実践することの難しさを見た。
その[さらばヤマト]と同じ物語世界でありながら まったく別の結末だった[宇宙戦艦ヤマト2]では
あらためて命の大切さを思い知らされる。
[宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち]で子を思う親の心に胸打たれ、
制圧された地球が舞台となった[ヤマトよ永遠に]では 身近にある大切なものを気づかされた。
太陽がテーマで自然破壊や環境破壊、
更に 真の平和とは何かを問いかけた[宇宙戦艦ヤマト?]
そして、水惑星アクエリアスの洪水危機から人類を救い、
僕らにとってヤマトは何だったのだろうかと考えさせられた[宇宙戦艦ヤマト完結編]

何度見ても 感動だ。

宇宙戦艦ヤマト1/350スケールプラモデル
今年 バンダイから発売された宇宙戦艦ヤマト1/350スケールプラモデル
 完成後 リビングに飾られていて、いつでも この勇姿を見ることが出来る。


やはり 僕にとってのヤマトの一番の魅力は、そのストーリー性と音楽につきる。
もちろん最初から最後までヤマトの全編を通して作曲した故宮川 泰
のちに作曲に加わりヤマトの音楽世界を更に広げた故羽田健太郎
後世に伝える幻想的なスキャットを披露した川島和子
木村好夫の弾き語り。
徳永二男の奏でるヴァイオリン。
挿入歌の作曲に参加した大野克夫や故井上大輔
誰もが知っている ささきいさおの主題歌。
そして、「さらば宇宙戦艦ヤマト」公開直前まで極秘とされた沢田研二の起用後、
島倉千代子岩崎宏美八神純子といった豪華な顔ぶれが名を連ねる。
ヤマト音楽の素晴らしさについては キリがないほど語ることがたくさんある。

その中でも僕は、布施 明がヤマトのために未来の子供たちのために
自ら作曲し高々と歌い上げたこの曲↓が一番好きだ。

愛よその日まで
歌:布施 明
作詞:阿久 悠 作曲:布施 明 編曲:宮川 泰

▲映画 ヤマトよ永遠に EDYouTube - Broadcast Yourselfより


もし、この世に[宇宙戦艦ヤマト]が存在していなかったら…
今までに一度も それを考えたことはなかった。正直言って わからない。
現実にヤマトは 僕の心の中で 今でも ずっと存在しているのだから…。

親父が他界した翌年に 宇宙戦艦ヤマトは誕生した。
僕にとってのヤマトは それから30年以上の時を経た今まで
実は親父そのものの存在であったような気がしてならない。

いつまでも 僕の心の宇宙で… 宇宙戦艦ヤマトは羽ばたく。
ヤマトは天翔ける!…永遠に。


そう思うと、この瞬間から また新たな気持ちが駆け巡る。
まだまだ 可能性に向かって挑戦する姿勢だけは崩さずに頑張ってみようと…。


記事一部 新説[宇宙神話]EARTH CLASS 煌 ホームページ ~情熱は我が力なり~ より転載
スポンサーサイト



COMMENT 0

TRACKBACK 1

この記事へのトラックバック
  •  大人の音楽ドリル~調判定・コード構成音
  • どこにもない!!!!免許の問題集、数学問題集、英語問題集色々あるのに音楽問題集がない。子供用はあるのに大人用はないんです。ただでさえ、どう覚えたらいいのか分からないのに、これでは覚える近道なんてありません! だから・・・作ってしまいました!!理論の説明と記
  • 2007.08.29 (Wed) 09:49 |