FC2ブログ

プロとして恥ずかしくない○○○の大原則

今朝からパジェロチビであっちこっち行ってきました。[[pict:yellow1]] 街の中を歩いて店の様子を覗ったり、本屋でインターネット関連の書籍を探したり… プロとして恥ずかしくない…大原則シリーズの本を何冊か長い時間立ち読みしました。 デザインの現場から離れて既に6年。実際に インターネット環境は驚くべき発展を遂げています。 XHTML+CSSを駆使してビジュアルに富んだWebページの数々…。 先日 開設した僕のサイトなんて はっきり言って素人のページ。 デザイン的に誇れる要素なんて全く無い自己満足のようなものというのを 読みながら痛感しました。 42歳という年齢になった今、失った時間と共に離れていったデザイナーとしての誇りと この世界での自分自身の役割。 それは おぼろげに見えていたような気もしますが、まだまだ現実の厳しさに遭遇していない甘い自分がいたことも事実。 その証拠に 何社ものデザイン関連企業へ履歴書を送付しても 書類選考の段階で不採用となる始末。 この先 現実に、心も身体も老いて行くばかりで 成長するというのは絶対にあり得ません。 でも、今まで自分自身が培った経験や技能を活かすことが出来る環境が必ずあるはず。 もちろん将来の展望を視野において、デスクワークのみに固執することなく就職活動は続けていきたいと思っています。 自分を表現できるものの一つとしてホームページがあるのだとも考えていますし…。 そんなことを思いながら、愛車パジェロチビで 夕闇迫る街から家路を目指していました。[[pict:symbol2]]
スポンサーサイト



COMMENT 0